グレートラのくぅ,シャムMixのしぃ,アメショMixのりん,ハチワレ三毛の杏とすごすまったりとした日々。
温子さんとの別れ。
我が家で保護した3兄妹の母猫で、お外で世話していた温子さんが亡くなりました。

2018_0106_01.jpg

3日の夕方、いつもの様にご飯をあげに行こうとしたら、ゴミ捨て場に亡骸が置かれていました。

外傷もなく、眠る様に死んでいました。
初めて触った温子さんの毛は、とてもフワフワしていました。
死因を色々推測しましたが、確証はありません。

前日の夕方にご飯をあげた時、珍しくにゃーんと鳴いて、後追いしてきたので、
まだ足りないのかな?と思って、正月なので追加にパウチを一袋あげました。
そして、それが最後になりました。

いつかそのうちご飯を食べに来なくなる時が来るのだろう、と思ってはいましたが考えないようにしていました。

私自身、野良猫にご飯をあげる事を、あまり良い事だとは思いません。
まして嫌いな方や糞尿被害にあっている方々から見ると、尚更です。
こんな中途半端じゃなく「いつか温子も保護できたら・・・」と思っていたのに決心できませんでした。

次の日、午後から埋葬に行ってきました。
「ごめんね」としか言えませんでしたが、
霊園の方から「きっと温子さんは有難うと言ってくれてますよ」と言われました。

2018_0106_06.jpg 2018_0106_07.jpg

本当はどうだったのか、わかりません。

落ち着いたら、お骨を永代供養に預けようと思っています。

2018_0106_02.jpg

ご飯をあげても、がっついて食べる事はなく、

2018_0106_03.jpg
2018_0106_04.jpg

野良なのに、どこか気品があるような佇まいが好きでした。
お世話しだして、一年半くらい。
まだまだお世話したかったよ。

2018_0106_05.jpg

ブログに書くのは迷いましたが、温子さんの記録を残したくてupする事にしました。
Posted by ぽぴぽん
comment:8   trackback:0
[その他
comment
温子さんは、お外で誇り高く生きたのですね。
ご冥福をお祈りします。

すべてのにゃんこが幸せになれると良いのですけれどね。
人間の勝手で、大変な思いをさせてしまっていますよね。
2018/01/07 10:13 | URL | edit posted by くぅの隠れファン
温子さん、本当に綺麗で清楚な美人さんですね。

私もお外の子のお世話をしています。
触らせてくれませんが、とても可愛らしい女の子です。
その子の息子達は我が家で、毎日相撲を取りながら元気に走り回っています。

ぽぴぽんさんのお気持ち、痛いほどわかります。
最期のお別れはとても辛く寂しいですが、ぽぴぽんさんに見つけてもらって、
本当に良かった。

温子さんのご冥福をお祈りいたします。
2018/01/07 16:12 | URL | edit posted by ちいちゃんまま
温子さんのことは気になっていました。
とっても美猫さんでしたね。
まだまだ若いお母さんだと思っていましたが、
眠るように亡くなっていたとのこと。
御弔いをしてあげて下さって、
本当に良かったと思います。

ぽぴぽんさん、温子さん、
ありがとうございました。
2018/01/08 20:29 | URL | edit posted by みるく
くぅの隠れファン さま
コメント有り難うございます。

くぅの隠れファンさんの様にいつか温子さんを保護して、
『預けておいてよかったわ』という風に思ってもらいたかったです。

温子さんがいなくなって、心に穴が開いたようでした。
命はどんな生き物でも重いです。
2018/01/09 19:53 | URL | edit posted by ぽぴぽん
ちいちゃんまま さま
コメント有り難うございます。

温子さん、本当に美人さんでした。
触れなくても同じ母親同士、何か通じ合ってる気がしてました。
温子さんが亡くなって、残る2頭の子ども達の里親を探すか、迷ってますが
幸せになれる事を一番に考えたいと思います。

お世話されている、母猫さんが長生きできますように願っています。
2018/01/09 20:00 | URL | edit posted by ぽぴぽん
みるく さま
コメント有り難うございます。

ずっと気にかけて下さってコメントしてくれたのに、
最悪のお知らせになってしまいました。
温子さんの亡骸を見た時はとてもショックでしたが、
ちゃんと見送る事ができたので、これから少しずつ
気持ちの整理をしていこうと思います。
2018/01/09 20:06 | URL | edit posted by ぽぴぽん
初めてコメントさせていただきます。
数年前から猫さんたちとの同居をはじめております。
ぽぴぽんさんのブログも、楽しく拝見させていただいてます。

温子さん、残念で悲しいことです。ただ、やはりこれも「ご縁」あってのことかと思います。何気なくはじまった人と猫との「ご縁」を、お互いにまっとうできた姿を見せていただいたことは、悲しいだけではない何かを感じれたような気がします。勝手な感想ではありますが、新米お世話係としては、身が引き締まる思いです。

堅苦しくてスミマセン。これからも「ゆるゆると」した猫三昧の日々をお過ごし下さい。
2018/01/10 20:16 | URL | edit posted by にわか猫の世話係
にわか猫の世話係 さま
コメント有り難うございます。

言われてみると、温子さんとは「縁」があったのかもしれません。
仕事帰りに見かけ、塾のお迎え時に見かけ・・・。
初めてTNRしたのも温子さんでした。

できれば保護したかったです。
最後まで、毅然としてて美しい猫でした。
2018/01/12 20:30 | URL | edit posted by ぽぴぽん
comment posting














 

trackback URL
http://kuu0401.blog134.fc2.com/tb.php/1268-f5f5d71c
trackback